求められるSEOのあるべき姿とは

検索キーワードの照合というのは、検索キーワードの意味や意図を理解して、要求を満たすものをインデックスされたページ群から抽出することをいいます。ページから検索キーワードを索引から探すイメージとなります。ページのランキングというのは、インデックスから抽出したページ群を、ユーザーの有益度に応じてランキングすることです。評価要素というのは、200以上あるとわれています。この内容は非公開となっています。しかし、この評価要素を推測することが、SEOでは非常に重要になってきます。これはグーグルの理念や今まで公表されてきた内容から推測する他ありません。グーグルのランキングアルゴリズムを推測するにあたって、やはりグーグルの理念から考えていくのがいいようです。『完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズに一致するものを返すエンジンである』とグーグルの共同創業者が、グーグル検索エンジンの理念を述べています。これをSEOに置き換えてみます。「ユーザーの意図を正確に把握する→ターゲットの想定」「ユーザーのニーズに一致するものを→コンテンツの作成」「返す→コンテンツの価値を伝える施策」。どのような意図でユーザーが検索しているのか、ニーズはどのようなものかといたことをターゲットを分析していきます。SEO施策でも、ターゲット分析はとても重要なものです。検索キーワードを元にして、検索する人の意図を汲み取るということをして、ターゲット像を把握します。ウェブサイト内に、ユーザーのニーズを満たす情報を与えるためにコンテンツを作成します。ユーザーが求める情報を詳細かつ網羅しながら説明することが大切となります。